2010年 02月 11日
ホビーセンターカトーに行ってきました
昨日ホビセン大阪に行ってきました。
実はKATO EF65 500Pが急に走行不調になり、対処方法を考えていたところ友人から「ホビセンに修理持ち込みしたら」と言われホビセンに電話したところ、「大抵のことはその場で修理可能ですよ~」との力強いお言葉。
午後3時ころ市営地下鉄御堂筋線・江坂駅徒歩5分のホビセン大阪へ到着。先客が3組ほどいらっしゃいましたが、すぐに応対してくれました。簡単に症状を説明し作業開始。前照灯ユニットにワニ口クリップを繋ぎパワーパックの目盛りを少し上げると、動輪はかろうじて回りだしますがすぐにブレーカーが落ちてしまいます。再度チャレンジするとこんどは白い煙が。
結局前照灯パーツを交換(700円なり)することになりすぐに修理完了、見事に元通りに動き出しました。この間約10分くらいの作業時間で、料金もパーツ代の700円(税込735円)だけでした。

ホビセン大阪、対応振りも丁寧で料金も良心的。何より店内の雰囲気がよく入りやすいです。在庫・パーツのストックも充実しており(Nゲージが圧倒的に多いですがHOもそこそこ)、非常にいいです。キロ80のボディパーツや床下パーツから新品のキロ80が何台も作れそうです。ちなみにスハフ42改装型ブルー(HO 1-552)の在庫はありませんでしたが、床下パーツは5セットストックがありました。みなさんもぜひ大阪にお越しの際はお寄りください(私、KATOの関係者ではございません、念のため)。
[PR]

by kuuga2000d | 2010-02-11 18:15 | 鉄道模型16番


<< KATO 1-552 スハフ4...      KATO オハ47入線 >>