人気ブログランキング |
2012年 01月 29日
オハユニ61の製作 10
前回の予告?通りエアブラシを使うことにした。

エアブラシは昨年末にVORKSで購入。実質はエアテックス社の製品であるが、VORKS造形村オリジナル商品で販売されており、0.3mmエアブラシの他コンプレッサー・減圧弁などが一式セットとなっているオトクなセット、「造形村エアテックス2」。
a0145838_16283357.jpg


「造形村エアテックス2」に付属のエアブラシは0.3mmと細いので鉄道模型用にクレオスの0.5mmトリガー式を別途購入してある。
a0145838_16282713.jpg


プロコンBOY LWAトリガータイプのセット内容。
a0145838_16282212.jpg


0.3mmとの交換時に便利なクイックプラグ。
a0145838_1628177.jpg


同じくクイックジョイント。クイックチェンジを行うにはこの2つのパーツが必要。
a0145838_1627484.jpg


これは水分を除去するハンドグリップフィルター。文字通り持ち手にもなる。
a0145838_16274216.jpg


この2つのパーツを、
a0145838_16273419.jpg


このようにセット。INとOUTがありクイックプラグ側をOUTに接続。
a0145838_16272488.jpg


コンプレッサー。クレオスのハイパワー番L7よりパワーがあり、半値程度の価格。
a0145838_1627192.jpg


プロコンBOY LWAトリガータイプをセット。
a0145838_16271483.jpg


全部接続するとこんな感じで結構長くなる。上からクイックプラグ・ハンドグリップフィルター・エアコントロールアシスト(減圧調整ジョイント)。
a0145838_1627750.jpg


まずは中性洗剤で脱脂。
a0145838_1627060.jpg


作業中に素手でさわることのないよう、このポリエチレン使い捨て手袋を着用。
a0145838_16265440.jpg


メタルシールプライマーを吹き、そのあと下地処理と発色向上を狙ってラッカーサーフェーサーを吹いた。
a0145838_16264877.jpg


メタルシールプライマーは10%程度専用溶剤で薄め、ラッカーサーフェーサーは2倍程度に薄めた。マッハ模型によるとメタルシールプライマーは薄めずにそのまま使っても良いとのこと。
a0145838_16264258.jpg



はじめてのエアブラシ塗装であったが、仕上がりは上々。缶スプレーとは比較にならない程きめ細かく、また塗装時の取扱も非常に簡単。ネックは初期投資と用具の手入れくらい。もっと早くエアブラシに移行しておけば良かったと後悔している。





鉄道模型ブログ村に参加しています。ぜひクリックしてください。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

by kuuga2000d | 2012-01-29 17:00 | 鉄道模型16番


<< 家族旅行      オハユニ61の製作 9 >>