人気ブログランキング |
2010年 05月 23日
TOMIX10系寝台車・室内灯の組み込み
しばらく手をつけていなかったTOMIX10系寝台車の室内灯の取付をしました。

今回はナハネ11茶です。以前同じくナハネ11青をやりましたので手順はつかんでいます。
a0145838_1263834.jpg


TOMIX10系寝台車はスペースが少ないため、屋根の梁の部分を削る必要があります。
a0145838_1264752.jpg


電解コンデンサはこのあたりに付けます。
a0145838_1265458.jpg


不要な部分を糸のこでカットします。
a0145838_12722.jpg


天井の梁を削りました。
a0145838_1271014.jpg


屋根はベンチレーターの突起をペンチでカットします。
a0145838_1271717.jpg


寝台車は室内の寝台間の仕切りが高く光が回りにくいので、今回はカツミのパネルライトBを使用します。
a0145838_1273036.jpg


LEDは白色を2個使いました。CRDは1個です。
a0145838_127397.jpg


こんな感じで取付ました。
a0145838_1274871.jpg


もう完成です。ここまで約1時間です。だいぶ要領を得たと思います。
a0145838_128263.jpg


室内灯点灯。なかなかいい感じです。
a0145838_128932.jpg


ピンボケですいません。
a0145838_1281648.jpg


キチンと光が回っています。
a0145838_128255.jpg


またまたピンボケです。
a0145838_1283214.jpg


今回室内には色入れしていません。手抜きですね。
a0145838_1284180.jpg


妻面です。
a0145838_1285130.jpg


編成の中間に位置するので効果はあまりありませんが、まぁいい感じです。
a0145838_129046.jpg


部屋の電気をけしてみました。結構これだけでも明るいです。
a0145838_129759.jpg


10系寝台、あと5両室内灯の取付待ちがあります。20系は6両・43系も6両です。室内灯は編成全部に付けないといけませんので結構プレッシャーです。かなり要領は身に付いたのと、エンドウの室内灯ユニットを使えばLED2個でも光が均等に行きわたり、工作もそこそこ簡単ということがわかりました。室内灯ユニットの厚みをどう逃がすかがポイントとなりますが、極力早く工作を進めていきたいと思います。


鉄道模型ブログ村に参加しています。ぜひクリックしてください。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

by kuuga2000d | 2010-05-23 01:29 | 鉄道模型16番


<< 天賞堂・マニ36 室内灯の修正      真鍮製バラキットへの挑戦その1... >>