2010年 04月 11日
真鍮製バラキットへの挑戦その3
糸のこと刃を買いました。刃は国産のものしか手に入らず、良いといわれているベローバ製は日本橋にはありませんでした。
a0145838_0502285.jpg


刃は000/3と0000/4を購入。000000/6はありませんでした。
a0145838_0514881.jpg


gootのパワーコントローラもゲット。
a0145838_0524244.jpg


こて先をエコー製に交換。ネジだけですが胴体のかみあわせに遊びがないので、交換はコツがいります。頻繁に交換するとこわれてしまいそうです。
a0145838_055118.jpg




はんだ付けの練習としててすり曲げ等の治具を作成します。
材料は10mm×1.0tと1.4mm×0.4t真鍮板です。1.0tを適当な長さに0.4tを0.85mmに切りだします。
a0145838_114382.jpg


クリップではさみフラックスを塗ります。
a0145838_124517.jpg


はんだを流します。ちゃんと流れました。
a0145838_135686.jpg


治具をはずし、キサゲ処理します。一応できました。
a0145838_144258.jpg


これだけでこて先はこんな感じになります。
a0145838_1103390.jpg


なんとなくはんだ付けの手順はつかめました。
いよいよ明日からフジモデルのスロ62バラキットの製作に着手します。
[PR]

by kuuga2000d | 2010-04-11 01:06 | 鉄道模型16番


<< 真鍮製バラキットへの挑戦その4      真鍮製バラキットへの挑戦その2 >>