タグ:FUJIモデル ( 33 ) タグの人気記事

2012年 02月 18日
オハユニ61の製作 11
せっかく導入し好結果が得られたエアブラシであるが、家族から「臭いがヒドイ」とクレームがあったため、アウトドアでの作業とならざるを得なくなてしまった。


とりあえず室外機の上で作業中。
a0145838_18265782.jpg



スロフのグリーン帯を吹いた。
a0145838_18265147.jpg




オハユニの荷物室側にも同じものを吹いた。
a0145838_18263526.jpg




細かい所も吹きやすい。缶スプレーとは大違いである。
a0145838_1826276.jpg




仕上がりも満足のいくもの。
a0145838_18262086.jpg




スロフのグリーン帯を「スキマをつくらないように」マスキングするためにプラ製のテープを購入。モデラーズのハイテクマスキングテープ。2mm・5mm・10mmをゲット。
a0145838_18261354.jpg




2mmはどこにも在庫がなく、通販で1個のみ入手できた。
a0145838_1826671.jpg




VOLKSにてシール式の紙ヤスリも購入。これもモデラーズ製。
a0145838_18255738.jpg




同じくモデラーズのペーパーホルダー。あると便利そうなので買ってみた。
a0145838_18254912.jpg




こんなモノも購入。マスキングテープにも使えそう。こちらは在庫豊富。
a0145838_18252959.jpg



週末に青とブドウを吹く予定であったが、雨と強風続きで順延の見込み。





鉄道模型ブログ村に参加しています。ぜひクリックしてください。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
[PR]

by kuuga2000d | 2012-02-18 18:43 | 鉄道模型16番
2012年 01月 29日
オハユニ61の製作 10
前回の予告?通りエアブラシを使うことにした。

エアブラシは昨年末にVORKSで購入。実質はエアテックス社の製品であるが、VORKS造形村オリジナル商品で販売されており、0.3mmエアブラシの他コンプレッサー・減圧弁などが一式セットとなっているオトクなセット、「造形村エアテックス2」。
a0145838_16283357.jpg


「造形村エアテックス2」に付属のエアブラシは0.3mmと細いので鉄道模型用にクレオスの0.5mmトリガー式を別途購入してある。
a0145838_16282713.jpg


プロコンBOY LWAトリガータイプのセット内容。
a0145838_16282212.jpg


0.3mmとの交換時に便利なクイックプラグ。
a0145838_1628177.jpg


同じくクイックジョイント。クイックチェンジを行うにはこの2つのパーツが必要。
a0145838_1627484.jpg


これは水分を除去するハンドグリップフィルター。文字通り持ち手にもなる。
a0145838_16274216.jpg


この2つのパーツを、
a0145838_16273419.jpg


このようにセット。INとOUTがありクイックプラグ側をOUTに接続。
a0145838_16272488.jpg


コンプレッサー。クレオスのハイパワー番L7よりパワーがあり、半値程度の価格。
a0145838_1627192.jpg


プロコンBOY LWAトリガータイプをセット。
a0145838_16271483.jpg


全部接続するとこんな感じで結構長くなる。上からクイックプラグ・ハンドグリップフィルター・エアコントロールアシスト(減圧調整ジョイント)。
a0145838_1627750.jpg


まずは中性洗剤で脱脂。
a0145838_1627060.jpg


作業中に素手でさわることのないよう、このポリエチレン使い捨て手袋を着用。
a0145838_16265440.jpg


メタルシールプライマーを吹き、そのあと下地処理と発色向上を狙ってラッカーサーフェーサーを吹いた。
a0145838_16264877.jpg


メタルシールプライマーは10%程度専用溶剤で薄め、ラッカーサーフェーサーは2倍程度に薄めた。マッハ模型によるとメタルシールプライマーは薄めずにそのまま使っても良いとのこと。
a0145838_16264258.jpg



はじめてのエアブラシ塗装であったが、仕上がりは上々。缶スプレーとは比較にならない程きめ細かく、また塗装時の取扱も非常に簡単。ネックは初期投資と用具の手入れくらい。もっと早くエアブラシに移行しておけば良かったと後悔している。





鉄道模型ブログ村に参加しています。ぜひクリックしてください。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
[PR]

by kuuga2000d | 2012-01-29 17:00 | 鉄道模型16番
2012年 01月 25日
オハユニ61の製作 9
屋根の塗装をした。

ジェイズのスエード調スプレー・マットブラックを塗ってから、GMの屋根用グレーをスプレーした。
a0145838_21145445.jpg


全体的にツヤが強く出てしまった。GMグレーの厚塗りが原因。
a0145838_2114498.jpg


雨樋部分のマスキングが甘く所々はみ出している。せっかくのスエード調スプレーもグレーの厚塗りのため効果が消えてしまった。
a0145838_21144360.jpg


最もヒドイ部分。もはやタッチアップでの修正は効かない状態。
a0145838_21143763.jpg


ここもヒドイ。つくづく缶スプレーの取扱いは難しい、というか下手。
a0145838_21143291.jpg


思い切ってやり直すことにした。以前作成したスロフ62の塗装もいま一つと感じていたので、この際一緒にシンナープール行き。
a0145838_21142682.jpg



缶スプレーに見切りをつけ、エアブラシで塗ることとする。マッハで必要な色をチョイスし一通り購入。
a0145838_21141185.jpg



この他にリターダーシンナーとブラスクリーンも購入。結構な金額となった。
a0145838_21141993.jpg




エアブラシはクレオスとVORKSのモノを昨年購入済。コンプレッサーもVOLKS。今回エアブラシで塗るか缶スプレーを使うかで悩んだが、手持ちのスプレーの在庫が相当数あり(30本くらい)、どっちみち屋根はジェイズのスエード調スプレーを使うからとの理由で缶スプレーを選択したが、結局徒労となってしまった。
エアブラシについては、次回(今週末くらい?)紹介をかねて書きたい。



鉄道模型ブログ村に参加しています。ぜひクリックしてください。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
[PR]

by kuuga2000d | 2012-01-25 21:31 | 鉄道模型16番
2012年 01月 21日
オハユニ61の製作 8
また間があいてしまったがいよいよ塗装にはいる。

下回りはトビカ・トップガードを使用。
a0145838_221159.jpg


端梁にエアホース・ジャンパ栓を追加。
a0145838_2204837.jpg


今回は全て低温ハンダで取り付け。だいぶ低温ハンダのコツがわかってきた。
a0145838_2205446.jpg


上まわりもプライマーを使わずトップガードのみ。
a0145838_22016100.jpg


粒子が細かいのでディテールがつぶれる心配が少ない。
a0145838_2202462.jpg


若干ゆず状になったので、この後1000番のペーパーで修正した。
a0145838_2203115.jpg


とりあえず黒一色になった状態。
a0145838_220392.jpg


郵便・荷物室はマスキングをして淡緑色をスプレー。GMの鉄道カラーを使用。
a0145838_2195835.jpg


客室デッキ部分はクリームをスプレー。
a0145838_220955.jpg


妻板部分にもクリームを吹いた。
a0145838_2194925.jpg


乾燥を待ち、室内から窓をマスキングしてGM鉄道カラーのぶどう色2号をスプレー。
a0145838_2194281.jpg


今回はまあまあの出来。
a0145838_2193255.jpg


床板の郵便・荷物室部分にも淡緑色をスプレーした。
a0145838_2191925.jpg



明日は屋根を塗る予定。



鉄道模型ブログ村に参加しています。ぜひクリックしてください。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
[PR]

by kuuga2000d | 2012-01-21 02:37 | 鉄道模型16番
2011年 12月 05日
オハユニ61の製作 7
かなり間が空いたがここまでできた。

仕上げのキサゲを残し一応上まわりは完成。サボ受けは小さくててこずった。
a0145838_2285870.jpg


車掌室側。端梁はエコー61系の両端を少しカット。
a0145838_2284654.jpg


客室側。ホロ受けが曲がっているのであとで修正。
a0145838_2282822.jpg


床下機器はエコー製。低温ハンダで取り付け。だいぶ取扱のコツがつかめてきた。
a0145838_228476.jpg


テコ付きブレーキシリンダー。パイピングはまだムリ。
a0145838_2274159.jpg


蓄電箱の裏面には工房ひろのパーツでふたをした。どの程度視覚効果があるのか疑問。
a0145838_2272786.jpg


このあと室内灯・尾灯の製作。どのように取り回しをするか悩ましいところ。
a0145838_2271457.jpg



もう一息でいよいよ塗装に入れそう。年内完成を目指す!!



鉄道模型ブログ村に参加しています。ぜひクリックしてください。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
[PR]

by kuuga2000d | 2011-12-05 22:18 | 鉄道模型16番
2011年 07月 23日
オハユニ61の製作 5
今日は仕切と妻板をつける。

妻板。左が車掌室側、右が客室側。車掌室側のホロ枠ステーはロスト製。
a0145838_19453536.jpg


客室側仕切。エンドウのテールライト取り付け部品をあらかじめはんだ付け。
a0145838_19452917.jpg


郵便室側仕切。
a0145838_19452436.jpg


車掌室側仕切。
a0145838_19451977.jpg


仕切を付けたところ。仕切は全部で5つ。
a0145838_19451373.jpg


仕切のアップ。
a0145838_1945452.jpg


郵便室。
a0145838_19445355.jpg


客室。
a0145838_19444224.jpg


車掌室。
a0145838_19443396.jpg


外からみるとこんな感じ。
a0145838_194422100.jpg


かろうじて「見える」という程度。
a0145838_1944458.jpg


塗装すればもう少しハッキリすると思う。
a0145838_19435574.jpg


キサゲ前できたない。
a0145838_1943464.jpg


奥の様子がわかるだろうか、ほとんど自己満足の世界。
a0145838_19434056.jpg


現在仕様しているパワーコントローラ。
a0145838_19433292.jpg


はんだこてはシュアーの100W。
a0145838_19431777.jpg


妻板までは手がまわらず、本日の工作はこれで終了。


ホワイトメタルのはんだづけに苦労をしている。100wをパワーコントローラminで使用しているが、パーツが一瞬で溶解してしまう。よって、いちいちこて先を水を含ませたスポンジに付け冷やしてからパーツに近づける、という方法をとっているがこれでいいのだろうか。エコーモデルに電話で問い合わせたが明確な回答は得られなかった。ネットで調べてもベストアンサーがない。このあたりが難しいところでもあり、面白いところでもある。



鉄道模型ブログ村に参加しています。ぜひクリックしてください。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
[PR]

by kuuga2000d | 2011-07-23 20:10 | 鉄道模型16番
2011年 07月 21日
オハユニ61の製作 4
今日も暑かった。大阪は結局台風は来たのかどうかわかりにくい天気で、小雨が降ったりやんだり、時折強い風が吹いたりといった程度。

今日は窓枠とアングルを取り付けた。

はんだの量を極力少なくするよう努力した。ドアは問題の左右反対状態のまま。
a0145838_23485913.jpg


エコーのアングル取り付け治具を使用。ここは多めのはんだでがっちりと固定。
a0145838_23485095.jpg


アングルには穴があいているが、これは床板固定用の穴。はんだ付け前に2mmタップを切っておく。
a0145838_23484360.jpg


若干はんだがはみ出てしまった。キサゲ処理を軽くしたところ。
a0145838_23483323.jpg


室内仕切りまでやるつもりであったが、午後から気温が上昇してきてとてもはんだごてを持つ気がおこらずここで本日は終了。明日は室内仕切り・妻板までがんばることとする。


鉄道模型ブログ村に参加しています。ぜひクリックしてください。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
[PR]

by kuuga2000d | 2011-07-21 00:00 | 鉄道模型16番
2011年 06月 21日
オハユニ61の製作 1
FUJIモデルのオハユニ61の製作を始める。
今回できるだけ丁寧かつ段取りを考えてすすめていきたい。又、可能な限りハンダを活用する。まずは車体の工作の前に、室内仕切り板デッキドアなどから着手する。

荷室・郵便室のドアは工房ひろのパーツを使う。NO.0059 680mm仕切戸Bを使用。保護棒は0.3mm真鍮線、ドアに0.4mmのドリルで穴をあける。保護棒は数が多いので簡単な治具を作った。
a0145838_2342139.jpg


裏面からハンダ付けする。
a0145838_23415585.jpg


郵便室仕切は同じく工房ひろのNO.0056仕切戸Bを使用。同様に保護棒用の穴をあける。数が多く時間がかかった。
a0145838_23414816.jpg


まずは中心部分をハンダ付け。
a0145838_23414058.jpg


仕切戸をNO.0009仕切板 I にハンダ付け。
a0145838_2341329.jpg


裏面は平滑になるようやすりで仕上げる。0.4mmの穴に0.3mmの真鍮線を使ったのでわずかなスキマにハンダがまわり、やすりでギリギリまで平滑に仕上げても強度は問題ない。
a0145838_23412769.jpg


2個作成。郵便室はこれを背中あわせで使用する。
a0145838_23412084.jpg


今日はここまで。約3時間の工作であった。




鉄道模型ブログ村に参加しています。ぜひクリックしてください。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
[PR]

by kuuga2000d | 2011-06-21 23:56 | 鉄道模型16番
2011年 06月 15日
FUJIモデルのオハユニ61
以前から着手しようと考えていた、FUJIモデルのオハユニ61のバラキットの製作をはじめる。
前回のスロフ62よりも丁寧にかつ段取りを考えて取り組みたい。

オハユニ61はVORKSで購入。6000円ちょっと。
a0145838_0194760.jpg


アングル取り付け治具も購入。カツミのものを所有しているが少し使いづらいため。
a0145838_019411.jpg


ポポンテッタで中古のエコーパーツを半額以下でゲットできた。但し今回のオハユニに使用するパーツではない。ストック目的。
a0145838_019352.jpg


模型センターきりんでエコーパーツを中心に準備。低温はんだは大阪では在庫が少ない状態。右下のスロフ62用妻板は別の機会に使用予定。
a0145838_019304.jpg


東京出張の合間に池袋IMONで不足パーツを調達。本当は本蓮沼のエコーモデルに行きたかったが本日は残念ながら定休日。
a0145838_0192357.jpg


エコーの#731・#735は大阪では品不足の状態。貯まっていたポイントで購入できた。
a0145838_0191482.jpg


まだ工房ひろのパーツが若干不足しているが、とりあえず製作開始したい。
あっ、日光のパーツも買い忘れてるやん!



鉄道模型ブログ村に参加しています。ぜひクリックしてください。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
[PR]

by kuuga2000d | 2011-06-15 00:26 | 鉄道模型16番
2010年 05月 18日
真鍮製バラキットへの挑戦その12・完成
しばらく工作から遠ざかっていましたが、ようやくフジモデル・スロフ62が一応完成しました。
細部を見ると粗が多々ありますが、いつまでも拘っていても仕方ないので完成・入線といたします。
a0145838_174227.jpg


まあ、初のバラキット製作としてはこんなもんでしょう。
a0145838_17531.jpg


ホロはグレーとしました。
a0145838_180100.jpg


反対側です。相変わらずインレタはへたくそです。
a0145838_18833.jpg



シートはアングルに両面テープで貼付しています。
a0145838_181782.jpg


室内灯・テールライト点灯します。
a0145838_182488.jpg



エンドウの室内灯ユニット、LED2個で十分均等に光がまわります。装着して大正解でした。
a0145838_183122.jpg



初の真鍮製バラキットの製作でしたが、色々とノウハウが習得できました。製作した教訓としてはやはり何と言っても段取りが大切ということだと思います。妻板のディテール追加など、取り付けてからでははんだごてが届かず結局見送ったところもあります。
また、塗装については極力薄く塗らないとシル・ヘッダーなどの段差がつぶれてしまい、せっかくのディテールも台無しになります。次はいつ何をつくるかまだ考えていませんが、今回得た教訓を生かしたいとおもいます。

とりあえず、つぎは組み立て式レイアウトの製作をする予定です(予告?!!)

鉄道模型ブログ村に参加しています。ぜひクリックしてください。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
[PR]

by kuuga2000d | 2010-05-18 01:23 | 鉄道模型16番